DACA復活:2020年12月7日から新しい申請の受付開始

※DACA(Deferred Action for Childhood Arrival) …16歳未満の時に親に連れられアメリカに入国、そのまま不法滞在した者へ国外強制退去から保護し、2年間の滞在資格を認めるもの。一定の条件を満たし、申請した場合に与えられる。バラク・オバマ氏が大統領の時からスタートした。

2020年11月14日、ニューヨーク州東部地区連邦地方裁判所のニコラス・ジョージ・ガラウフィス裁判官は、

チャドF.ウルフ事務局長代理が署名した2020年7月28日の覚書に関する意見を発表しました。

2020年12月4日、ガラウフィス裁判官は、国土安全保障省(DHS)に対し11月14日の覚書を実行するため特定の措置を講じるよう要求しました。
その結果、2020年12月7日より、米国市民権移民局(USCIS)は次のように行います。

・2017年9月5日より前に有効な条件に基づき、裁判所の2020年12月4日の命令に従い、DACAに基づく延期措置の検討に関する要求を受け入れる。

・2017年9月5日より前に有効なDACAの条件に基づき、裁判所の2020年12月4日の命令に従い、DACA更新要求を受け入れる。

・2017年9月5日より前のDACAの条件に基づき、裁判所の2020年12月4日の命令に従い、advance parole documentの申請を受け入れる。

・DACAに基づく延期措置の1年間の付与を2年間に延長する。

・DACAに基づく1年間の雇用許可文書を2年間に延長する。

上記以外にも、移民ビザでお困りごと、疑問なことがありましたらお気軽にお問合せください。

NPZ Law Group – VISASERVE – U.S. and Canadian Immigration and Nationality Lawyers
info@visaserve.com
201-670-0006 (x104)
www.visaserve.com