The Anticipated E-1/E-2 Treaty Visa for India: A Gateway for Enhanced US-India Relations

In recent discussions, a significant development has emerged that could reshape the landscape of US-India economic relations: the potential introduction of E-1 and E-2 treaty visas for Indian nationals. This move, long awaited by professionals and entrepreneurs alike, represents not just a step towards stronger bilateral ties but also a beacon of...

The Anticipated E-1/E-2 Treaty Visa for India: A Gateway for Enhanced US-India Relations Continue reading…

USCISに提出したはずの申請文書が再度求められる際の推奨事項


雇用ベースであるEB-3ビザを持つ外国人は、EB-2ビザの資格を得るとステータスを向上させることができます。 申請者が追加で実務経験やより高いレベルの学位を取得した場合に取得できます。 その後、EB-2ビザからEB-1ビザの資格を得ることもできます。 EB-3ビザからEB-2ビザへの移行と同じように、必須事項とし優れた学位と経験以上のものの証明が必要になります。以下では、EB-1ビザの3つのサブカテゴリーに焦点を当て、EB-1ビザの資格について説明します。

優れた能力のある方– EB-1(a)ビザ
EB-1(a)ビザは、教育、科学、ビジネス、芸術、陸上競技等で優れた能力を備えた専門職向けです。 このカテゴリーの資格を得るには、国際的にまた自国内でも称賛を維持している必要があります。 申請者の業績の証拠としての文書提出が求められます。このビザは申請者の雇用主の申し出を必要としません。 候補者は自己請願することができます。 ただし申請者はその専門分野で働く必要があります。

優れた教授と研究者– EB-1(b)ビザ
EB1(b)ビザは、優れた教授・研究者向けです。 EB1(b)の認定レベルはEB1(a)ビザよりも比較的低くなっています。 ただし申請者が特定の学問分野での業績について国際的に認められている必要があります。志願者は、研究者・教師として少なくとも3年の経験が必要です。また最低3人の専任研究者(高等教育機関、大学、民間の雇用主)によって後援されている必要があります。 申請者は、業績の客観的、広範な証拠を提出することにより認定される確率があがります。

マネージャー、およびエグゼクティブ– EB1(c)ビザ
EB1(c)は、エグゼクティブ・マネージャー向けです。 L-1Aビザの資格要件と多くの点で類似しています。 申請者は、申請後3年以内に、スポンサーとなる米国企業に何らかの形で関連する組織によって、米国外で少なくとも1年間エグゼクティブ・マネージャーとして雇用されている必要があります。 それに加えて、申請者は、米国企業で経営、もしくは管理職として働く必要があります。

NPZ Law Group, P.C.
Email: info@visaserve.com
Tel: 201-670-0006 (x104)
Website: www.visaserve.com