フォーム I-944 – A Good idea but Bad execution

公的扶助に関する規則(2020年2月)は、家族、友人、または組織によって財政的に支援されているかどうかを申請者に証明を求め、ビザまたはグリーンカード申請の基準を厳しくすることを意図していました。

 

更新されたポリシーに対応して、USCISは、フォームI-944、自己完結宣言を導入しました。これは、単一のフォームを使用して永住者申請者の”全体の状況”を評価するのに役立つことを目的としています。

 

しかし、フォームI-944は問題を不必要に混乱させました。 検査からフォームを時間通りに解放するという圧力がUSCISに、

まとまりのある指示で適切なフォームを完全に準備する時間をほとんど残さなかったことは明らかです。

さまざまな見落としや不適切な設計により、循環参照、I-864サポートの宣誓供述書との要件の重複、および多くの申請者には適用されない不要な基準が発生しています。

 

フォームI-944は、申請者の収入や財源、公益の利用からクレジットスコアまで、さまざまな質問に対応するように設計されています。

 

ただし、これらの指示の多くは曖昧です。例えば、申請者が認定された米国組織によって「評価」(海外で教育を受けている場合)を提出する必要があるとします。これは、USCISが申請者が将来どのくらい「雇用可能」になるかを予測できるようにするためです。これはどう正確に行われますか?また、このリクエストの処理に必要な時間についてはどうでしょうか。ステータスが外れることを回避するために、時間厳守の提出を妨げることになりませんか?

 

さらに「評価」を行うことに努力するだけの価値がありますか?申請者が海外で最低限の教育を受けているが、最低限の教育の領域を超えている場合、どれほど「良い」要素になるでしょうか?評価はまだ必要ですか、単なる提案にすぎませんか?

 

フォームI-944にもいくつかの見落としがあります。興味深い例は、クレジットスコアの要求です。 USCISがグリーンカード申請者の将来の財務状況を評価できるようにすることを目的としています。しかし、婚約者Kビザの申請者など、最近入国したために生成できなかった申請者はどうでしょうか。 Kビザ保持者は通常、米国入国時は社会保障番号を持たず、クレジットスコアははるかに低いです。それらはどのようにして要件に準拠すれば、良いですか。ガイダンスとして、USCISポリシーマニュアルには、そのような場合の「記録なし」の証明を受け入れると記載されています。しかし皮肉なことに申請者が米国での履歴がない場合、このレポートは入手できません。

 

見かけ上の見落としは別として、フォームI-944には、混乱し不必要な指示もたくさんあります。例えば申請者の家計の収入、資産、負債などを無差別に開示する必要があるとします。指示では、そのような開示がどの程度必要かを明確にしていません。したがって、ガイドラインを上回っていて「公的費用」にならない可能性がある場合でも、すべての人が資産と負債の完全なリストを提出する必要がありますか?それとも、単にUSCISが考慮すべき要素なのでしょうか?

 

サポートドキュメントのリストも矛盾しています。 フォームI-944で要求される納税申告書、IRS書類、資産情報などの多くの書類は、フォームI-864の宣誓供述書で要求されるものとまったく同じです。ただし、指示は互いに矛盾しています。たとえば、フォームI-864宣誓供述書では、申請者は貧困ガイドラインを満たすために使用された場合にのみ、資産の証拠を提示します。ただし、フォームI-944では、貧困ガイドラインとの比較にかかわらず、すべての資産の証拠を求めています。

 

 

不明確な指示と不必要な基準は1つですが、不正な評価のリスクを指数関数的に上げる他の要因は、USCISがその裁定人に付与する権限にあります。

 

USCISの方針によれば、グリーンカード申請の評価は、役員の裁量に任されています。役員は実際の測定可能な基準ではなく「直感」で決定を下す可能性があるため、これによりプロセスが不平等の影響を受けやすくなります。

例として申請者が英語を話すスキルを持っている場合、それはプラス要因と見なされます。しかし、英語力はどの程度必要ですか?そして、将来的に英語でコミュニケーションすることを学ぶ志願者の可能性はどうですか?これは、適切な分析のための測定可能な方法に組み込まれていません。

 

第2に、申請者の財政状態を適切に評価するのに十分な財務上のニュアンスを理解するようにUSCISの裁判官が訓練を受けることはほとんどありません。たとえば、USCISの役員は、そのようなポリシーを取り巻く複雑な法的または条件がある場合に、申請者の資産、株式、債券、または年金の価値を計算するように訓練されているのでしょうか。

 

さらに、申請者の状況の全体性が明確でない場合、役員は納得のいく承認または拒否ができますか?資格の測定にはあいまいさがあり、同様の条件のフォームI-485が1人の担当者によって承認され、別の担当者によって拒否される可能性はありますか?

 

 

I-944フォームの改善の必要性は明らかです。まず、フォームI-944の指示と要件を改善し、多様な申請者グループ向けに再設計する必要があります。 ステータスを調整するほとんどのKビザ申請者には社会保障番号やクレジットスコアなどの信用度を図る報告書がないため、USCISは状況全体を評価するための代替オプションを提供する必要があります。

 

第2に、USCISは、審査員の裁量に頼らずに、申請者の公的扶助を評価するためのより測定可能な基準を実装する必要があります。

 

最後に、USCISはサポートドキュメントを調整する必要があります。 フォームI-944とI-864のサポートの宣誓供述書の両方に重複することなく首尾一貫したリストがあるはずです。

 

Nachman、Phulwani、Zimovcak(NPZ)Law Groupは、今日のグローバル市場で成功するのに熟練した労働者が必要であることを理解している移民弁護士グループです。該当する移民法および規制を遵守しながらビジネス目標を達成するために、移民問題で必要となる法的支援をビジネスクライアントに提供します。

 

さらなる詳細が必要な場合は、NPZ Law Groupの米国移民弁護士にご連絡してください。 info@visaserve.comにメール、もしくは201-670-0006(x107)に電話できます。またはwebサイトwww.visaserve.comからもお問合せが可能です。