グリーンカードの面接に向けてどう準備をする?

 

グリーンカードの申請をする中で、申請条件の細かなところまで注意する必要があり、また広範な補足資料を提供する必要があります。また申し込み完了後は面接に参加する必要があります。
全ての人が対象ではありませんが、ほとんどの申請者は面接に出席する必要があります。 米国外にいる場合、米国の領事館でインタビューに参加する可能性が高いです。 面接はグリーンカード申請の重要なプロセスであり、最終ステップです。

面接はプロセスの重要なステップです。 面接中に応募資料が確認されて提出された応募書類、または書類に関する質問があります。 ただ準備するだけでなく、さらに一歩の先をいく完璧な準備をすることが重要です。

面接前に提出した申請書を確認してください。 また提出している情報に変更を加える必要があるかどうかを確認する良い機会でもあります。 住所の変更など、何か変更があった場合は、面接官へ渡すための更新したオリジナルの書類を必ず持参してください。

面接では落ち着いて冷静な態度を保つようにしてください。丁寧さを保つことは結果に有利に働くでしょう。面接を実施する出入国管理官は、毎日実施するインタビューの量が多いです。彼らはあなたがしっかりと準備し、簡潔に答えることを望んでいます。また、常に真実を伝えるようにしてください。神経質になったり動揺したりする場合は、常に落ち着きを取り戻すように努めてください。また、インタビュー中に嘘をつくと、深刻な結果を招く可能性があります。

結婚のためのグリーンカードを申請している場合、他のカテゴリーのグリーンカードよりも厳しい審査を受ける傾向があります。あなたの人生を配偶者と共有していることをしっかりと証明するために、多くの証拠を提供する必要があります。結婚式の写真、共同金融口座からの証明書、子供と家族の写真、確立された関係の証拠書類などが必要です。さらに、あなたと配偶者についての質問があります。最初に出会った場所や日付など、お2人のこれまでの出来事に関する質問に答える必要がある場合があります。

米国移民法、および国籍法が、あなた自身、あなたの家族、友人、また同僚に影響を与える可能性のある方法について質問がある場合、また詳細情報が必要な場合は、NPZ Law Groupの米国移民法弁護士– VISASERVE –にお問い合わせください。 info@visaserve.comに電子メールを送信するか、201-670-0006(x107)にお問い合わせください。ウェブサイトwww.visaserve.comにもアクセスできます。